誤解だらけのリフォーム/一級建築士事務所 OfficeYuuのYuuこと尾間紫です

All AboutリフォームガイドYuuこと尾間紫の公式ブログです。

15年以上にわたり、All Aboutに書き続けてきたリフォームの記事は500本以上になりました。
でもまだまだ伝えたいことがたくさんあります。



Yuuこと尾間紫の詳細プロフィール、執筆記事は下記のオフィシャルページにて一挙公開中です。
執筆や講演セミナーのご依頼もこちらからお願い致します。




風水ではクリエイティブな仕事の人の机は西、営業職は近くにメタボな社交家がいるとよいらしい

そもそも風水で開運ができるのか?という話です。風水はもともと陰陽五行説をベースに、人が仙人になるために必要な環境づくりのための手法をしたためたものでした。その後、長い歴史の中で醸成され、幸せになりたい、お金持ちになりたいといった人々の願いを叶えるための指南書として在り続けてきたものです。

陰陽五行説という思想は、世の中のすべては「木・火・土・金・水」の5つのバランスで成り立っていて、そのバランスによって世の中の様々な事象が起きると言うものです。

つまりそのバランスを、欲しいものに合わせて人為的に整えることで、望みを手に入れようとするのが開運風水と言うわけです。例えば、クリエィティブな仕事の人が、発想力を手に入れたいと思うなら、発想や思考をあらわす「金」を強めればよいといった感じです。

と言うわけで、今回の村上瑞祥によるLIFULL HOME'S PRESS連載は、デスク周りの開運風水です。ちなみに営業職は近くにメタボな社交家がいるとよいらしいです。ご覧頂ければ幸いです。

www.homes.co.jp

シロアリはスキマが好き。なぜならGだから。我が家も数百万円の被害に遭いました

一戸建て住宅の解体現場でおなじみのものと言えばシロアリです。たぶん皆さんが想像している以上にシロアリが居ます。現場で柱や窓台にうかつに手を付いたり、よっかかったりして、ズボっといってしまったことも数知れず。被害に遭うとスポンジみたいにカスカスのフワフワになっています。

今回、シロアリの駆除を行っている会社の方と、防蟻用の薬剤を作っているメーカーの方々に、シロアリの最新事情と問題点について取材してきました。それがあまりに面白くて、この面白さをどう伝えればいいのか?私の筆力では伝えきれない!とかなりのジレンマに陥ってしまいました。

ちなみにシロアリが面白いのはその生態であって、被害にあってしまうと本当に笑えません。うちの実家もシロアリ被害に遭遇し、その補修だけで数百万円掛かりました。ちなみに実家は空き巣に遭ったり、悪質リフォーム会社に引っかかりそうになったり、話題には事欠きません。もうちょっと実家の様子を見ておけばよかったなーと今更後悔しています。

このゴールデンウィークに実家に戻られている方々もぜひ家の様子を見てあげて下さいませね。特にシロアリと防犯。

というわけで、シロアリはスキマが大好きです。なぜならゴキブリの仲間だからです。明るく風通しのいい場所には基本的に出てきません。スキマを狙って侵入します。そこで問題になっているのが、断熱材のスキマです。

それと空き家問題。これもシロアリ被害を拡大するのに一役買っています。LIFULL HOME'S PRESS連載、シロアリについて最新事情と自分でできる対策をまとめました。ご覧頂ければ幸いです。

www.homes.co.jp

色々書いたけど言いたいことは、浴槽に入り比べすると違いがスゴイ!という話です

日本人はなんで浴槽に入るのか?

風呂の歴史

日本初のシステムバスの写真

最新の浴室事情

メーカーによってこれだけ違う浴槽の入り心地

最高級オーダーメイドシステムバスの写真

と、盛りだくさんな内容で記事を書きました。盛りだくさん過ぎるという声もありますが、どれも声を大にして言いたいことばかりなんです。

でも一番言いたかったのは、システムバス選びをするなら、「メーカーごとに浴槽の入り心地を試せ!」です。ショールームをめぐって、実際に浴槽に入ってみて、その入り心地を比較したら、まぁ全然違うこと。

あーこれ身体に合わない、腰が滑らかで気持ちいい、肩が出ちゃう、身体の角度がすごく良いとかイマイチとか。この違いを知らずに選ぶなんて、試着しないで洋服を買うようなものです。見た目がよくても、窮屈だったりゆるゆるだったりするかもしれません。

特に入浴時は浴槽に入る派はしっかり入り比べして選ぶことをお勧めします。ちなみにシャワー派はシャワーヘッドの選び方で幸せ度が変わります。それはまた別の記事で書いたので、公開したらお知らせします。
というわけで、LIFULL HOME'S PRESS連載、今回はお風呂話です。ご覧頂ければ幸いです。

www.homes.co.jp