誤解だらけのリフォーム/一級建築士事務所 OfficeYuuのYuuこと尾間紫です

All AboutリフォームガイドYuuこと尾間紫の公式ブログです。

15年以上にわたり、All Aboutに書き続けてきたリフォームの記事は500本以上になりました。
でもまだまだ伝えたいことがたくさんあります。



Yuuこと尾間紫の詳細プロフィール、執筆記事は下記のオフィシャルページにて一挙公開中です。
執筆や講演セミナーのご依頼もこちらからお願い致します。




そんなキッチンでは、きっと料理が楽しくないよね

そうだ、断熱リフォームをしよう!と積極的に考える人は少数派かもしれません。断熱リフォームは、あくまでもキッチンや内装リフォームのついでにやるものと言う認識の人が多いことでしょう。

 

油がベタベタの古いキッチンからピカピカのシステムキッチンに交換する、タイルのお風呂からシステムバスにするといったようなリフォームは、ワクワクうきうきモチベーションが上がります。

 

でも断熱リフォームは地味。

住まいの断熱性能を向上させれば、生活環境ががらりと変わり、光熱費は削減できて、健康にも良いのですが、なんせ見た目が変わりませんから実感がわきにくく、そんなことにお金をかけるのはもったいないと思ってしまうのも、仕方がない事かとも思います。

 

でも冬になると暖房しているのに家の中が寒い、光熱費が気になる、冬の朝に起きるのが辛い、お風呂に入る時に裸になるとぶるぶる震える、窓に結露がびっしょりで拭き取るのが大変といったようなことは、仕方がないとあきらめることではなく、意外と手軽なリフォームで改善できることなのです。

 

いくら素晴らしいキッチンを入れても、朝寒くてキッチンの前に立ちたくないと思うようでは、せっかくのキッチンが活かせません。そんな環境では料理だって楽しくないはず。環境を整えるというのは、料理でも仕事でも睡眠でも、何をするにもとても大切なことなのです。

 

ちなみに朝起きた時の寝室の気温が低いと血圧が高くなるという調査結果が国交省から発表されています。朝寒くて起きられないというのは、辛いだけではなく、健康にも良くないのですね。お風呂が寒いと問題なのは以前から有名でしたが、寝室もかと室内環境の大切さを改めて実感しています。

 

というわけで、10/15今朝の読売新聞朝刊で、住まいの断熱リフォームについてコメントをしています。今回取材頂いた記者さんとは5年ぶりの再会!懐かしい気持ちで、あれやこれやとお話をしました。タイトルは「断熱リフォームかしこく」です。場所を絞って費用抑制、補助制度もあります。お手元にある方は、お時間のある時にでもご覧頂ければ幸いです。