誤解だらけのリフォーム/一級建築士事務所 OfficeYuuのYuuこと尾間紫です

All AboutリフォームガイドYuuこと尾間紫の公式ブログです。

15年以上にわたり、All Aboutに書き続けてきたリフォームの記事は500本以上になりました。
でもまだまだ伝えたいことがたくさんあります。



Yuuこと尾間紫の詳細プロフィール、執筆記事は下記のオフィシャルページにて一挙公開中です。
執筆や講演セミナーのご依頼もこちらからお願い致します。




ゴミ箱そのものが臭い家が結構多いんですよね。ちなみに臭いはくさくて匂いは心地よいもの

夏になると家の「におい」が強く感じられるようになります。今まで数多くの家にお邪魔してきましたが、どの家にもその家独特の「におい」があります。

なんでひらがなで「におい」と書いているかと言うと、臭いと匂いでは意味が違うからなのです。辞書を引くと、臭いは不快なもの、匂いは一般的なニオイを指し、好ましい物を匂いとするとしています。

というわけで、我が家の「におい」が臭いなのか匂いなのか?良い匂いの家であるよう、臭いの原因になりやすいものをまとめてみました。

意外に多いのが、ゴミ箱そのものが臭いの原因になっているケースです。特に樹脂製品は生ごみの臭いが染みついて臭くなっていることがあるので注意が必要です。

ちなみにこの写真は臭いの原因になりやすい、便座と便器の間の汚れの掃除がしやすい「便座リフトアップ便器」です。電動で持ち上がるので掃除がすごく楽です。

f:id:Office_yuu:20190807133500j:plain

それから排水口も要注意です。掃除をさぼると下水臭くなるだけでなく、水があふれて、マンションの場合は下階への水漏れの原因になります。

マンション全体で行う排水管清掃は忘れずに受けることも大切です。以前、ドラム式洗濯機で特殊な設置方法をしていて、長く洗濯機の排水管清掃をしていなかったら、臭いだけでなく盛大に水があふれて大変なことになってしまった家に遭遇したことがあります。

と言うわけで、野村不動産カスマタークラブ「住まいのアイデアファイル」連載、今回は家の臭いについて執筆しました。ご覧頂ければ幸いです。

www.nomura-re-cc.jp

我が家の香炉です。涼しさを感じるエキゾチックな香りで爽やかに過ごしましょう!

涼しさを感じさせてくれる香りのひとつに「白檀」があります。白檀は扇子にもよく使われていて、パタパタ扇ぐたびに甘くてちょっとエキゾチックな香りが漂ってきて。

一級建築士事務所 OfficeYuuは今年、逗子にアトリエをオープンしたのですが、そこではいつも白檀のお香を焚いています。白檀は心を落ち着かせる効果もあるそうなので、これで仕事もどんどん進むはず!?

紫檀の香炉 白檀のお香

愛用している紫檀の香炉と白檀のお香です。癒されます。

というわけで、野村不動産カスタマークラブ連載「住まいのアイデアファイル」で夏を涼しく過ごすコツを色々ご紹介していますが、今回はエアコンの上手な使い方の基本に加えて、涼しさを感じさせるインテリアや香りについてもご紹介しました。

今年の夏は、気温はそこそこ、日照時間が少なめという予報のようです。つまり蒸し暑い日が続きそうということ。みなさま熱中症には十分ご注意下さいませね。

www.nomura-re-cc.jp

キッチンの大型シンクはもはや時代遅れ!?登場したのが異形シンク、それとも四角に戻るか?

私がこの業界に入った頃、システムキッチンは高価でなかなか手が届かないものでした。現在のシステムキッチンの普及率は約7割。普及品から高級品まで様々な価格帯が存在します。

システムキッチンのプランもこの30年ほどで大きく変わりました。私が新人時代に人気だったのが「大型シンク」です。魚がシンクの中でさばけるよう、そして大きな中華鍋が洗いやすいよう、幅90㎝以上ある大きなシンクが人気でした。

現在の標準はそれより小さい、いわゆる「中型」です。それもそのはず、シンクが大きくなれば他の部分が狭くなってしまいますし、また食生活の変化で魚をさばいたり、大型の中華鍋を洗ったりという人が減っているというのもあるでしょう。

というわけで登場したのが「異形シンク」です。真ん中が富士山みたいに膨らんだアレです。アレにもいろいろ種類があって、でもまた四角に戻すメーカーもあったりして、シンクの形状は迷走中といったところでしょうか?

今回のLIFULL HOME'S PRESS連載は、TOTO株式会社のシステムキッチンの工場にお邪魔して、キッチン製造現場の最前線にいる2人に、最新事情や最近の売れ筋、人気の透明カウンターの製造方法などを聞いてきました。

いやー面白かった!ご覧頂ければ幸いです。

www.homes.co.jp