誤解だらけのリフォーム/一級建築士事務所 OfficeYuuのYuuこと尾間紫です

All AboutリフォームガイドYuuこと尾間紫の公式ブログです。

15年以上にわたり、All Aboutに書き続けてきたリフォームの記事は500本以上になりました。
でもまだまだ伝えたいことがたくさんあります。



Yuuこと尾間紫の詳細プロフィール、執筆記事は下記のオフィシャルページにて一挙公開中です。
執筆や講演セミナーのご依頼もこちらからお願い致します。




日本の洗面所は狭いんです。スリムだけどボウルは広い洗面台を発見!

日本の洗面所は狭いんです。洗面所の実態調査(※)によると、一戸建ての洗面所の広さが0.75坪未満と言う家が半数近くにのぼり、マンションの場合は約60%が0.75坪未満です。

その洗面所に洗面台と洗濯機を置いて、お風呂の脱衣所として使うわけですから、もう本当に狭い!

仕方なく小さな洗面器を設置することもあるんですが、やっぱり洗面台のボウルは大き目のほうがいろいろと使いやすいんですよね。

例えば朝の洗顔時にもざぶざぶ洗ってもボウルが大きければ水が跳ねにくいし、家事の際のバケツにも水が汲みやすい。セーターの手洗いだってラクにできます。

と言うわけで、スリムなサイズだけどボウルは広々という洗面台をTOTOの新商品記者説明会で発見しました!

TOTO洗面化粧台オクターブスリム

TOTO洗面化粧台「オクターブスリム」、TOTO株式会社キッチン洗面商品開発部の坂田氏が様々な特徴を解説してくださいました。

従来の洗面台は、上の写真の緑のラインで奥行き約55㎝。オクターブスリムはカウンターの奥行きを43㎝に押さえ、ボウルの奥行きは50㎝に。ボウルの形状も内部を広く取るデザインで、狭い洗面所でも設置しやすいスリムさと、使い勝手が良い広々ボウルを両立させました。

ちなみにこのスリムカウンターは現場カットが可能なので、壁から壁までぴったりとスキマ無く納めることができます。

伸ばしたカウンターの下はオープン棚にできるので、カゴを入れたり、棚を外して椅子を置いてパウダースペースにしたり。自分で好きなようにカスタマイズできるのが良いですね。

発売は2020年2月。今回は他にも面白い新商品がいろいろありましたので、追ってご紹介していきますね。


(※)住宅設備と生活意識に関する実態調査/TOTO調べ